京都 御池通りのあじさい

スポンサーリンク

御池通りのあじさい

京都であじさいの名所といえば、三室戸寺や善峯寺、藤森神社などが有名ですが、京都の中心地、御池通りにもあじさいの名所があるのをご存知でしょうか。

御池通り沿いの御池中学校や京都ホテルオークラ付近では、毎年5月末~6月にかけて美しいあじさいが見られます。

御池通りのあじさい

スポンサーリンク

あじさいの人気スポット 御池通り

御池通は京都の東西を結ぶメインストリートで、その下には京都市営地下鉄東西線が走っています。片側3車線道路で幅が広く、時代祭や祇園祭の巡行ルートにもなっています。

祇園祭 御池通りを巡行する山鉾

御池通は歩道も十分に広く、街路樹や花壇の美しい花が道行く人達を和ませてくれます。

御池通りの歩道

中でも御池中学校前や京都ホテル前の花壇には多くのあじさいが植えられており、ちょっとしたあじさいの人気スポットとして知られています。

御池中学校前のあじさいスポット

御池通りの周辺にはホテルが多く、あじさいが見頃となる6月のシーズンになると外国人観光客もあじさい見物に訪れ、スマホで写真を撮る姿をよく見かけます。

御池通りのあじさいと観光客

御池通り沿いに並ぶ色とりどりのあじさいは、梅雨の時期がちょうど見頃となり、しっとりと雨の滴をまとう姿もまた美しいと感じます。

御池柳馬場 御池中学前のあじさい

御池通りの北側、柳馬場通~富小路通の間は、淡いブルーの西洋アジサイが咲いています。

御池柳馬場 御池中学前のあじさい

御池中学校から進々堂の前にかけて、たくさんのあじさいが見られます。

御池柳馬場 御池中学前のあじさい

あじさいはこんもりと丸い形ですが、ハート型のあじさいもありました。

御池通りのあじさい

ちなみに、御池通の南側にも種類の違うあじさいがあります。アナベルという白っぽいあじさいで、開花は西洋アジサイよりも遅いみたいですね。

御池通りのあじさい アナベル

スポンサーリンク

河原町御池 京都ホテルオークラ前のあじさい

御池中学校から5分ほど東に歩くと、京都市役所と京都ホテルオークラがあります。

京都市役所と京都ホテル

京都ホテルオークラの前にも種類の違うあじさいがあります。こちらはブルーのガクアジサイでしょうか。ピンクの西洋アジサイも少しだけ見えますね。

御池通り ガクアジサイ

京都ホテルオークラ前のあじさいは最近刈り込まれたようで、数が減っていました。

京都ホテルオークラ前 ガクアジサイ

御池通りのあじさい いつが見頃?

一般的なあじさいのシーズンは5月末~6月ですが、御池通りのあじさいも5月になると開花が始まり、5月末になると色づき始めます。

御池通りのあじさいの見頃

5月中旬ぐらいのあじさいです。まだシーズン前なのでブルーとグリーンのまだら模様になっています。ここから少しずつブルーに色づいていきます。

シーズン前のあじさい

あじさいの淡いグラデーションが大好きで、色が変わっていくところも美しいと感じます。

そして梅雨時の6月はあじさいの一番美しいシーズンです。あじさいが美しいブルーやピンクに色づいて、ちょうど見頃になります。

見頃のあじさい

スポンサーリンク

御池通りのあじさい アクセス方法

御池通りのあじさいは、御池中学前がメインの見どころです。最寄り駅は地下鉄烏丸線か東西線の烏丸御池駅で、徒歩5分程度でアクセスできます。

6月の見頃のあじさい

地下鉄東西線の京都市役所前も同じぐらいの距離です。バスで行くなら、堺町御池バス停が最寄りです。

京都ホテルオークラ付近のあじさいは、地下鉄東西線の京都市役所前が最寄り駅です。バスも本数が多く、河原町三条バス停から徒歩数分でアクセスできます。

ちょっと一服するなら、御池中学前のパン屋さん「進々堂」がオススメです。野外席もあるので、あじさいを眺めながらお茶することもできますよ。

進々堂御池店 あじさい

御池通りを散歩しながら、日々色づいていくあじさいを見るのは楽しいですね。6月に御池通りに来る機会があれば、ぜひあじさいを見物していってください。

英語版記事: Hydrangea on Oike street, Kyoto