祇園祭 宵山や山鉾巡行の見どころ

祇園祭 宵山や山鉾巡行の見どころ 祇園祭

京都の夏の風物詩、祇園祭に関する記事です。山鉾巡行や宵山の様子を紹介しています。

祇園祭の山鉾巡行は2014年から前祭と後祭に分かれ、17日の前祭は23基、24日の後祭は10基が巡行します。祇園祭といえば山鉾巡行が有名ですが、夜の宵山も見どころがいっぱいです。

祇園祭の山鉾は、夜になると駒形提灯に明かりが灯り、何とも幻想的な雰囲気になります。

祇園祭

祇園祭 南観音山のあばれ観音

南観音山のあばれ観音を見てきました。祇園祭後祭、宵山の夜に行われるあばれ観音は、御神体である楊柳観音と善財童子をミイラのように布で包み、楊柳観音を神輿の台座に縛り付け、善財童子を抱えた人が先導して町内を走ります。あばれ観音は夜遅く、23時頃から始まります。
祇園祭

祇園祭2018 前祭宵山の様子

京都の夏の風物詩、祇園祭 前祭宵山の様子です。祇園祭といえば山鉾巡行が有名ですが、夜の宵山も見どころがいっぱいです。山鉾の駒形提灯に明かりが灯り、コンチキチンの祇園囃子が聞こえてきます。2018年の祇園祭は天候に恵まれ、前祭は宵山から山鉾巡行まで一度も雨が降りませんでした。
祇園祭

祇園祭 後祭宵山 役行者山の護摩焚き

祇園祭の後祭に登場する役行者山では、修験道の開祖である役行者にちなみ、後祭宵山の7月23日に本山修験宗総本山聖護院から山伏が多数参詣し、役行者山の前で山伏問答や護摩焚きが行われます。一般道路上の護摩焚きは他に例がなく、京都の町中で行われる祇園祭ならではの行事となっています。
祇園祭

祇園祭前祭 雨の山鉾巡行2015

2015年の祇園祭前祭は、いきなり台風11号の接近というアクシデントに見舞われました。台風が間近に接近した前祭宵山の夜は強い風が吹き、提灯や懸装品は鉾から取り外されてしまいましたが、17日の午前5時に山鉾巡行の実施が決定されました。
祇園祭

49年ぶりに復活 祇園祭後祭の山鉾巡行

2014年7月24日に祇園祭後祭の山鉾巡行が行われました。今年は49年ぶりに復活した祇園祭前祭の山鉾巡行に続き、祇園祭の後祭には150年ぶりに復活した大船鉾が登場し、山鉾巡行の最後を飾りました。前祭は23基、後祭は10基が巡行しました。
祇園祭

祇園祭 後祭宵山の様子

2014年祇園祭の後祭宵山の様子をご紹介します。先の前祭に続き、7月21日から49年ぶりに復活した祇園祭後祭の宵山が始まりました。祇園祭後祭では四条通や烏丸通の交通規制が変わり、宵山期間中の歩行者天国がなくなりました。また、露店の出店もありません。
祇園祭

祇園祭 前祭宵山初日の様子

祇園祭 前祭宵山初日の様子をご紹介します。2014年の祇園祭は49年ぶりに前祭・後祭が復活し、前祭は7月14日〜17日、後祭は7月21〜24日という日程で、宵山と山鉾巡行が2回行われることになりました。また、150年ぶりに大船鉾が復活します。