京都の桜 御池桜

京都 御池桜

4月に入り、京都の桜はただいま満開です。いやぁ、美しい・・・

京都にはそこら中に桜の名所があるので、花見の場所には事欠きません。でも、京都は桜の名所へ行かなくても、普段の生活で桜を見る機会がたくさんあります。

何気なく通る道で満開の桜に出会うと、何か得したような気分になります。

満開の桜も、あと数日もすれば散り始めるでしょう。京都桜の名所案内はたくさんあるので、このブログでは他であまり取り上げられない近所の桜を紹介します。

御池中学校の御池桜

柳馬場御池にある京都御池創生館は、御池中学校の他に福祉施設や商業施設が併設された複合施設です。

御池中学校 京都御池創生館

その御池中学校には、真冬に花が咲く桜があります。どう見ても桜にしか見えないのですが、真冬に咲いているので、ずっと桜に似た梅だと思ってました・・・

御池桜

この桜は「御池桜」という愛称がつけられていて、年中開花する不断桜という種類の桜です。この「御池桜」は不断桜の中でも、寒い時期に咲く種類のようですね。御池通と柳馬場通の角にあるので、すぐわかりますよ。京都御池創生館は2006年3月にオープンしたので、御池桜はその時に植えられたようです。

御池桜に掛かっている案内を見ると「御池桜はご覧のように美しい姿を12月から4月の賑やかな桜の時期までの間、頑張って咲いてくれる可愛い奴です」とありますから、この御池桜は昨年の12月にはもう咲いていたということになります。

御池桜説明

御池桜以外にも、京都には冬から咲く桜の名所がいくつかあります。その中でも秋から春にかけて咲く大原実光院の不断桜は、紅葉と桜という不思議なコラボレーションで人々の目を楽しませてくれます。

他に有名な不断桜といえば、三重県の白子山観音寺にある白子不断桜でしょうか。天然記念物に指定されていて、10月から4月までが開花時期だそうです。御池桜よりさらに2ヶ月も早く咲くのですね。

桜は春だけかと思ってましたが、秋に咲く不断桜のような種類の桜もあるんですねぇ。御池桜もその中の1つです。

御池桜を見上げる

御池中学校には御池桜以外にも、柳馬場と富小路側に桜があります。こちらは普通の桜なので、ただいま満開です。

御池中学校の桜

ちなみに、ここは元々柳池小学校の跡地です。柳池小学校は1869年(明治2)に京都の町衆が浄財を出し合って創設された64の番組小学校の中の1つで、日本で一番最初に開校した近代小学校です。御池中学校の脇には「日本最初小学校 柳池校」と刻まれた石碑があります。

御池中学校石碑 日本最初小学校 柳池校

この時期の御池桜は、他の桜とは違って一斉に満開というわけではありませんから、どうしても地味な印象を受けます。でも、御池桜は寒い冬からずっと咲き続けて、道行く人々に春を感じさせてくれます。

御池桜はたったの一本だけですが、わざわざ「御池桜」という愛称がつけられるほどですから、桜が大好きな粋人たちから愛されているのでしょう。

御池桜 花

パッと咲いてパッと散る春の桜もいいですが、御池桜のように地味ながら真冬から咲き続ける桜もまたいいものですね。

御池桜の近況 2015年3月17日

桜の時期にはちょっと早い3月中旬でも、御池桜はこんな感じで咲いております。(クリックすると拡大します)

御池桜

御池桜は春になると一斉に咲くのではなく、開花タイミングはバラバラです。近づいてみると、咲く前のつぼみ、咲いた花、散った後の萼が混在しています。

御池桜

御池桜は観光客にも人気のようです。どこの国の人だろう・・・

御池桜と観光客

この日は暖かくて、上着なしで外出できるほどでした。待望の春はもうすぐ・・・あと2週間もすれば、京都中の桜が満開になります。